2024年1月10日 更新

旅館・ホテルのセルフチェックインシステムとは?

旅館やホテルでゲストが直接手続きを行えるデジタルなチェックイン方法のメリットや、その効率性を高める弊社の先進的なシステム「モバイルコンシェルジュ」を紹介しています。

414 view お気に入り 0

あらゆる旅館・ホテルシステムが必要とする進化

テクノロジーの進化により、旅館・ホテルにおける滞在の体験が変わり始めています。その代表的なものが「セルフチェックイン(スマートチェックイン)」システムです。セルフチェックイン(スマートチェックイン)は、従来のフロントでの手続きを大幅に削減し、ゲストにとっても旅館・ホテルにとっても大きな利便性を提供します。

セルフチェックインとは何か?

セルフチェックインとは、ゲストがフロントスタッフと直接接触することなく、ゲスト自身でチェックイン手続きを行うシステムのことを指します。これは、主に専用の端末やスマートフォンを使用して行われます。スマートチェックインと呼ばれることもあります。

セルフチェックインのメリット

セルフチェックインは、ゲストが到着時間を自由に選べ、手続きも迅速に行うことができるため、ゲストの利便性を大幅に向上します。到着時間を気にせず、また、施設スタッフの力を借りる必要が無いため、無駄な待ち時間も少なくなるという大きなメリットがあります。特に混雑するシーズンや時間帯では、スムーズにチェックインを完了できる点がゲストから高く評価されます。

PMS(Property Management System)とセルフチェックインシステム

PMSは、旅館・ホテルの運営に必要な機能を一元管理するシステムです。予約管理、顧客管理、部屋管理、売上管理など、旅館・ホテル運営に必要な全ての情報を一元化し、運営の効率化を実現します。近年では、このPMSとセルフチェックインシステムが連携することで、よりスムーズで効率的な運営が可能になっています。

PMS「陣屋コネクト」

弊社が提供する「陣屋コネクト」は、SalesforceとAWSを基盤としたPMSであり、セキュリティー面での高い安全性を誇ります。旅館・ホテルの実情に合わせて、柔軟にカスタマイズすることが可能で、お客様のニーズに合わせた運営を実現します。さらに、多様でリアルタイム性のある経営分析ツールを備えているため、データに基づいた攻めの経営戦略を立てることができます。

セルフチェックインを実現する「モバイルコンシェルジュ」

弊社が提供する「モバイルコンシェルジュ」サービスには、ゲストが自身のスマートフォンを使用してチェックインを行う機能が装備されています。ゲスト自身のスマートフォンを使うため、大型の自動釣銭機などの高額な投資は不要です。また、弊社が提供する自社ホームページ用の予約エンジン「里山トラベル」も利用することにより、予約情報や顧客情報が自動的に連携され、チェックイン時の宿帳の記入を省略することが可能になります。OTAからの予約に対しても、スムーズなセルフチェックインが可能となっており、ゲストの利便性を大幅に向上させています。
 (611)

セルフチェックインから始まる新たな宿泊体験

36 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

サポート 武内 サポート 武内