2023年11月7日 更新

旅館・ホテルシステム 陣屋コネクトの導入に、IT導入補助金がご利用いただけます

ホテルや旅館の経営は、近年、様々な外部要因や業界の変動により、大きな困難に直面しています。PMS(旅館・ホテルシステム)やセルフチェックインシステムといった新しい技術の導入やサービスの革新は不可欠ですが、それには資金が必要です。ここでは、ホテルや旅館のDXを進めるのに最適な、IT導入補助金をご紹介いたします。

105 view お気に入り 0

1. DXと経営再建の関連性

DX(デジタルトランスフォーメーション)は、現代のホテルや旅館の経営再建や業績向上の鍵となる要素です。テクノロジーの進化により、ゲストのニーズや期待値は日々変わっています。スマートフォンやSNSの普及、オンライン予約の増加、さらにはレビューサイトでの評価など、消費者の行動や意識が大きく変わったことは明らかです。これらの変化に適応し、競合との差別化を図るためには、デジタル技術の導入や活用が必須です。

2. 補助金の役割

多くのホテルや旅館は、経営資源の制約から新しいシステムの導入やデジタル化を躊躇してしまいます。しかし、国や地方自治体が提供する補助金を活用すれば、負担を大きく軽減しながらDXを進めることができます。

3. 観光業における補助金の活用

観光業は、日本経済にとって重要な位置を占める産業の一つですが、その一方で、生産性の低さが指摘されてきました。特にホテルや旅館といった宿泊業界は、伝統的な業務の手続きや既存のシステムの老朽化など、多くの課題を抱えています。

加えて、近年、外国からの観光客、いわゆるインバウンドの需要が復活の兆しを見せています。その結果、さらなる受け入れ体制の整備やサービスの質の向上が求められており、観光業界におけるデジタルトランスフォーメーション(観光DX)が急務となっています。

このような背景から、国や地方自治体は、観光DXを推進し、経営の効率化やサービスの質の向上を実現するための補助金を提供しています。これにより、ホテルや旅館は、新しい技術やシステムを導入し、競争力を高めることができるのです。

4. 陣屋コネクトとIT導入補助金

旅館・ホテルシステム「陣屋コネクト」は、旅館やホテルのDXを実現するための最先端のシステムです。このシステムを導入することで、経営の効率化やサービスの質の向上が期待されます。そして、この旅館・ホテルシステム「陣屋コネクト」の導入に際して、IT導入補助金を利用することが可能です。

この補助金は初期費用だけでなく、2年目までのランニング費用(月額固定費用)にも適用されます。そのため、システム導入後の運用における経済的な負担も大幅に軽減されることとなります。ホテルや旅館が新しいシステムを導入し、そのメリットを最大限に活用し続けるための強力なサポートが、IT導入補助金となります。

参考 IT導入補助金2023
https://it-shien.smrj.go.jp/

5. 「陣屋コネクト」を導入するメリット

「陣屋コネクト」は、ホテルや旅館の経営を強力にサポートするPMS(旅館・ホテルシステム)です。顧客管理や予約管理といった基本的な機能はもちろんのこと、施設運営に関するデータ分析によって攻めの経営を行うことが可能です。

また、お客様ご自身のスマートフォンによるセルフチェックイン(スマートチェックイン)や滞在中のモバイルオーダー、館内施設予約、チェックアウトやその後のアンケート、クーポン配布まで行える「モバイルコンシェルジュ」等を提供しております。人手不足の時代に対応した、全く新しい施設運営を実現します。

6. 最後に

経営の課題や困難を乗り越え、新しい時代のホテル・旅館経営を築くためのサポートが「陣屋コネクト」とIT導入補助金です。この絶好の機会を活用し、次世代の経営基盤を築き上げていきましょう。
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

サポート 武内 サポート 武内