2019年7月30日 更新

陣屋コネクトと連携するサイトコントローラー選び、4つのポイント

旅行ポータルサイトを通して複数個所からのネット集客が主流の今の時代、在庫を一括管理するサイトコントローラーは必須です。では、あなたの施設には、どんなサイトコントローラーが適しているのでしょうか?

2,342 view お気に入り 0
さて、いよいよここからが、選び方のポイントのご紹介です。

1.陣屋コネクトと2way連携しているか?

先の記述で、1Way連携と2Way連携のお話をしましたが、これにより生産性が大幅に変わり、さらに稼働率も変わってくるというのですから、選定する際に一番重要なポイントと考えていただければと思います。
おさらいとなりますが、陣屋コネクトと2Way連携しているのは、TL-リンカーンと、手間いらず.NET
です(2017年7月現在)。

2.料金体系

とは言え、ランニングコストは落としたいもの。そこで、次に見るべきポイントは価格ですね。
ねっぱんは陣屋コネクトとは1Way連携ではあるものの、最大の特長は楽天トラベルに参画している施設様は「無料」であることです。

ただし、陣屋コネクトと連携する場合は、初期費用:10,800 円(税込み) 月額利用料:3,240 円(税込み)がかかりますので要注意です。

また、らく通withは「従量課金」がかからないことが特徴です。予約数が多い施設にはありがたいですね。

料金については、各社あまり公にしておらず、見積を取る仕組みをとっていますので、ここでもあえて公表するのは控えます。料金のお問い合わせは各社に直接お問い合わせしてみてください。

3.販売予定のエージェントに対応しているか?

サイトコントローラーごとに、対応エージェントはかなり異なります。
よって、自分が販売したいポータルサイトに対応しているか?リアルエージェント(旅行代理店)にも販売してもらっているところは、リアルエージェントに対応しているか?ということも重要な選定のポイントの一つになってきます。
各サイトコントローラーごとに、対応エージェント情報をホームページで公開していますので、必ず導入前にチェックしましょう。

■TL-リンカーン
リアルエージェントにも多数対応しています。
https://www.seanuts.co.jp/lincoln/12.html

■手間いらず.NET
海外サイトに一番対応しているのが、手間いらず.NETです。
よって、インバウンドの集客に力を入れている施設様に人気のようです。
http://www.temairazu.com/site/

■ねっぱん!
http://neppan.com/site.html

■らく通with
リアルエージェントにも多数対応しています。
http://www.raku-2.jp/agent.html

4.画面の見やすさ・わかりやすさ

毎日使うものですから、画面の見やすさ・わかりやすさも重要です。では、一番よく見る残室数・販売数の画面で比較してみましょう。
TL-リンカーン

TL-リンカーン

2週間分の残室数・販売数が一丸して確認できます。
どの数字が何を指しているのかも一目でわかり、見やすい画面が特徴です
この画面から可能な操作が多数あり、多機能です。
手間いらず.NET

手間いらず.NET

2週間分の残室数・販売数が一丸して確認できます。
この画面の操作だけで、日ごとの在庫調整や詳細な料金の管理ができるのが魅力です。
ねっぱん!

ねっぱん!

2週間分の残室数・販売数が一丸して確認できます。
シンプルな操作感です。
らく通with

らく通with

他と大きく異なるのが、3週間分の残室数・販売数が一丸して確認できるところです。
どの数字が何を指しているのかも一目でわかり、見やすい画面が特徴です。

サイトコントローラー比較表

33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

営業 大友泰子 営業 大友泰子